×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

*−その他(短めの台詞)−*

No.21 『世界は』
「世界は広いってそう聞いた。世界には、僕の知らないことがたくさんあって、それはそれは危険な。でも、楽しい誘惑がいっぱいなところなんだって。誰かが言ってったっけ。現実は、なんとなく狭いな。」

No.22 『その結果を』
「何を言ってるんだっ。そんなことをしていいと思っているのか!?お前が、その結果をわからないわけがないだろう?なのに、やるっていうのか?駄目だって判ってることを?……そうか、わかった。今は何も言わないよ。」

No.23 『狭間で』
「悲しみと絶望の狭間で、いつまでもがいてるつもりだ?そんなだから、いつまでもたっても強くなれないのだろう?自分自身をしっかりと受け止めろ。それができないのなら、そこで一生そうしてればいい。」

No.24 『奪ってみせる』
「奪ってみせるっ。あなたが私にしたように、私は貴方から何もかも奪ってみせる。泣いて謝っても許してなんかやらないっ。あんたが、死ぬほど後悔するまで、私はあんたから奪い続けてやる!」

No.25 『零れ落ちた』
「するりと手から零れ落ちた。隙間から零れて。捕まえようとすればするほど、するりと抜け出していく。焦る僕を置いて行ってしまう。僕の手には……何も残らない。」

No.26 『もういいじゃん』
「あーあ、いやになっちゃうな〜あ!っと。もういいじゃん。どっちでも。間違ったら戻ってくりゃあ済むことじゃねぇかよ。気楽に行こうぜー☆」

No.27 『どうしようも…』
「もう、いいじゃないか。お前がそこまで気にすることじゃない。仕方なかったんだ。そう割り切れよ。俺たちじゃどうしようも……ないんだからさ。」

No.28 『死に急ぐな』
「死に急ぐなっ。お前には、まだやらなければならいことがある。それに、生きるということを、お前はまだ知らないだろう?死にたくないと思うほど、生きて見せろよ。それが俺に対する礼儀ってもんさ。」

No.29 『俗世の話し』
「惚れたはれただの、結局は俗世の話し。俺にとっちゃあ関係のない代物だね。そんなもん、生きてるうちにぱっぱと捨ててちまったよ。今あるのは、俺のこの職人魂だけさ。」

No.30 『見た目と中身』
「信じるも信じないも、まだ会ったばっかりなんだからわかるわけないじゃん。見た目で判断なんてどうかしてるよ。見た目と違う人、僕、たくさんしってるよ!」

No.31 『幸せの権利』
「いいの、私なんて。幸せになる権利なんてないもの。今まで沢山の他人の幸せを潰してきたんだから……。私は幸せになっちゃいけないの。私がしなくちゃいけないのは沢山の償い。それだけよ。でも、心配してくれてありがとう。嬉しかったわ。」

No.32 『猫』
「あら、私に何のようかしら?むやみやたらに毛並みを触るの止めてくださる?まったく、人が散歩しているっていうのに邪魔しないでちょうだい。これだから人間は嫌だわ。」

No.33 『猫2』
「にゃんにゃかにゃん、ってね。猫は気まぐれ世は情け。例えご主人様だって、僕の気まぐれは止められない。僕は僕の生きたいように生きるのさ。思い通りに手の平で踊らされるなんて真っ平ごめんだね。」

No.34 『海』
「大きな大きな両手を広げても全然足りないくらい大きな海。僕はそんな海を越えるほどの大きな男にいつかなりたいと思う。今海に対抗できるのは溢れ出す夢だけなんだもの。」

No.35 『海2』
「広くて深い。朝は綺麗で真っ青な色をして、夜は深くて暗い闇の色をしているもの。なんだかわかる?海さ。いつも形を変えて海は僕らを見てるんだ。」

No.36 『ごめん。』
「ごめん。謝っても許してもらえないかもしれないけどっ……ごめん。俺、本当はこんなことするつもりなんかなかったんだ。で、でも言い訳になるかもしんないけど……だけど、少し俺の話を聞いてくれないか?」

No.37 『頑張れないよ。』
「頑張れないよ。自分の足元が、今にも崩れ墜ちそうな。そんな感覚に襲われて。僕は、頑張れないんだよ?いつも……いつも、誰かの助けてくれる手を求めてる。ねぇ、君は……僕に手を差し伸べてくれる?」

No.38 『今日は』
「やっほー。今日は、一日何か楽しいことあった?それとも、何か、ブルーなことでも?はたまた、可笑しな出来事でも起こったのかな?よければ、僕に話してみてよ?」

No.39 『黙れ、黙れ黙れ!!』
「黙れ、黙れ黙れ!! お前の話など聞きたくない! 今度口を開いたらその舌八つ裂きにしてくれる! 二度と斯様(かよう)な戯言も我が友の罵倒も出来ぬように!」

No.40 『記憶喪失』
「一つ二つ……数えていくたびに思う。一つ足りない。それがなんだったかもわからないのに、失くしている事だけはわかってて。それが誰から貰ったものなのかも思い出せないのに、大切なものだったことも覚えてる。なのに、何も思い出せない。貴方は……だあれ?」