×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

*−現代(掛け合い)−*

No.6『台詞を一つ』
「はい、今度は貴方の番。しっかり頑張ってね。」

「はー?かったるいんだけど。なんで俺がこんなこと。」

「それは言いっこなしなし!私だって半分強制だよ?」

「ふーん。じゃあ、後半分は何なのさ?」

「……それは……。」

「言えないの?別にいいけどね。じゃ、俺の番は終わらすか。」

「うんうん。では、甘い言葉をお一つどうぞ!」

「無理難題を……君の瞳に乾杯?」

「なんで疑問系?」

「なんとなく。じゃあ、今度はあんたの番な。」

「OKOK。頑張るよー。」

「さて、ここで問題です。貴方は、正義の一員となりました。そこで貴方の勝った時の台詞は?」

「ふふ、この私に勝てるわけがないじゃないっ。うふふふふ。」

「……それは思いっきり敵役の言葉だよな。」

「……うるさい。」

No.7『喫茶店』
「さ、寒い……。」

「おや?それなら暖かいコーヒーでも出しましょうか?」

「わぁーい!やったぁ!」

「あ、冷めてました。すいません、マスター。」

「解雇☆爽やかに言ってんじゃないよ。」

「えっ……仕方ないですね、レンジでチン☆しますか。」

「か・い・こ☆」

「……美味しいのを入れなおします。マスター。」

「うんうん。それでいいんだよ。」

「ふぅ。」

No.8『血-1』
「ねぇねぇ、君は何で血は赤いと思う?」

「血は赤血球がないと赤くないらしいぞ。」

「ちょ、台詞読んでるんだから邪魔しないで!えぇと……分からないかな?」

「まぁ、赤血球がなきゃ透明なんじゃね?」

「……僕はね、思うんだ。赤は興奮を表す色。」

「乳牛?」

「はっ!?」

「あ、違った。闘牛の方だった。赤で興奮っつったら牛だろ?」

「君の脳みそって……。」

No.9『血-2』
「今日は邪魔しないでね!」

「あぁ。」

「えと、前の続きからでいいかな。だからさ、血は僕らの中に潜む、狂った心に語りかけるためにそんな色をしてるんじゃないか、って。だってさ、血を見た時痛みより何か変な感覚がこう、胸の奥から上がってこない?」

「貧血か。」

「おかしいかな。血を見てるとね、世界がグルグル回ってどんどん妙な感覚に支配されて……僕が僕じゃなくなるみたい。」

「世界がグルグル回る。貧血の症状に酷似しているな。」

「僕はいたって正気なんだけど、血を見てる時は狂気がすぐ隣にあるようで、ううん、狂気に取って代わったようで、自分で自分が怖くなるんだ。」

「貧血だからな。仕方ないだろう。」

「うるさいよっ!貧血じゃないって!」

「……貧血に悩まされてかわいそうな奴だ。ちゃんと、レバーを食べるんだぞ。」

「やかましい!だから違うって言ってるだろ!」

「焼き鳥屋はどこにあったか。」

「人の話し聞けよ……。」

No.10『つんつん』
「つんつん、つんつん。」

「なんだよ。」

「ううん、なんでもない。」

「……そうか。」

「つんつん、つんつん。」

「……なんだよ?」

「同じ反応つまんなーい!」

「うるせっ!なんなんだよ、さっきからうっとおしいな!」

「んー。暇だからどんな反応するかなぁ。って、ちょっと試してみた!」

「人で遊ぶんじゃねぇよぉおお!」

「きゃあああ、怒ったぁあああ!あはははは!」

「笑ってんじゃねぇええ!」