×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

*−その他(掛け合い)−*

No.1 『怒りポイント』
「だからぁー、君が手加減すればいいんだよ。うん。」

「それじゃあ稽古になんねぇだろっ!」

「でもさ、明らかに実力違うんだから。せめて怒りながらやるのやめない?」

「だってっ!!」

「なんだ、何か理由でもあったんだ?」

「………だって、こいつらオレのこと…。」

「オレのこと。何?」

「子クジラだって言うんだ!!」

「…それって怒っていいのか、わからないよね。」

No.2 『親友の意』
「なんでっ!なんでお前がそんなことっ!!」

「君には関係ないよ。」

「そんなっ!親友だと思ってたのに!!」

「……友達以上恋人未満。という奴だね。」

「ちげーよっ!!」

No.3 『振り回し』
「そ・れ・で?」

「いやーん、お兄さん怖い顔ー。ほら、もっと笑って! 頬の筋肉が衰えちゃうわよ?」

「……話をワザとらしい方法でずらそうとするのはやめてくれないか?」

「えー、何のことだか私判らないわー。うふふv」

「キモイ。」

「ちょ、面と向かって相変わらず凄いこと言うわね! 心の傷が出来ちゃったわ! どーしてくれんのよ!?」

「じゃあ、あれだ。お前はそのキモさ加減でいつも回りに心の傷を負わせているな。どうするんだ、お前?」

「いやーん、美しいってつ・み・よ・ねv」

「……人の話は細部まで聞け。」

No.4 『ペットの取り合い』
「なにさ、知りもしないくせにでしゃばりやがってっ。」

「守りたいからでしゃばってるだけだ。」

「っ……うるさいっ!私が守るんだからいいんだよっ!」

「オレだって守りたい。」

「ヤダ!亀の亀吉朗は私が守るの!!」

「我が侭言うな。亀子が嫌がってるだろう。」

No.5 『ちっちゃくなってたまりますか!』
「ちょっと、何子ども扱いしてるんですかっ!」

「いやぁ、こう丁度手を添えられる高さっていいよね、撫でやすくってさぁ。」

「ちっちゃいってことですか!?それ以上やると縮むのでやめてください。」

「よーしよしよしよし。」

「ちょ、止めて下さいって言ってるじゃないですか、わざと頭押さえないでください、いた、いたいっ!」

「いやぁ、もっとちっちゃくなれば可愛いと思って。」

「これ以上ちっちゃくなってたまりますか!」